見る人が見れば分かる、ボーナスが確定している台が空いていて。

リーチ目を拾った、なんてのはよく聞いた話ですよね。今でこそ昔と比べればリーチ目が落ちている機会は激減しましたが、それでも落ちていることは確かにあります。少し前に何故か花火でリーチ目を拾ったばかりです。しかもそれが分かりにくいようなリーチ目ではなく、はさみでの氷風鈴同時テンパイからの小役ハズレ目だったのですからもう何かの罠か何かとすら思いましたよ。まあバケでしたけれども。
しかしリーチ目ではなく、確定演出を拾った、となるとその頻度は下がるのではないでしょうか。中にはGOGOランプが光ってる台が何故か落ちていた、なんて話を耳にしたこともありますが流石に自分では経験したことはありません。しかしながら長くパチスロを打っていると、確定演出を拾うような機会すら確かにありました。
「リオパラダイス」という台を覚えているでしょうか。5号機初期にネットが出した台で、お馴染みリオを主人公にした台ですね。この台には単独ボーナスがなく全てのボーナスが重複しているという特徴がありました。なので無演出でボーナスが当たるなんていうのはまずあり得なかったのです。そんなリオパラダイスの演出の1つにジョーカー演出がありました。ジョーカーに扮したリオがシルクハットの中からカードを引き、小役ナビやボーナスの当否を知らせるものです。
そしてこの演出にも強パターンが存在し、普段は赤いロウソクの炎が青だったならば実践上確定というものでした。仮に演出に失敗しても青だったとしたら復活する、というわけです。もうお分かりかもしれませんね。「リオパラダイスでジョーカー演出で青色の炎で失敗している台」が捨てられていたのです。それこそやはり何かの罠かと思いましたが、回してみると当然ボーナス確定。3枚でビッグボーナスをいただきました。まあ流石にこのような経験は数える程度しかありませんけれども。