top of page

高気密高断熱住宅って??

こんにちは、橋元です☆


家づくりをするにあたって


「高断熱住宅」を聞く機会も多いいかと思います。


そして建てるなら、高断熱住宅がいい!!

と思う方も多くなってきましたが


実際の数値だったり、性能として

どう違いがあるの?

何がそんなにいいの?となる方にお伝えしたいお話です♩


まず、高断熱住宅とは


天井や壁など家中を高性能の断熱材や建築部材を使用し

断熱性を高めた住宅のことを指します。


断熱性能は「UA値(外皮平均熱貫入率)」という指標で判断されるのですが、

ただ、住宅の性能基準レベルは国で決められているわけではありません。

省エネ法や耐震基準など、各分野で定められているものもありますが

住宅そのものの基準はないのです。

では、実際のハウスメーカーや工務店のうたっている数値に対して

どう判断すればいいのでしょうか?


そこで最近基準にしやすいのが

『HEAT20』と呼ばれる新しい断熱基準です。


2020年を目処に有識者たちが集まり

「住宅のおすすめのオススメ基準を作ろう」と

発足されたのが「HEAT20」です。


HEAT20の基準では、全国を8つの地域でわけ

「UA値」の数値を用いて基準値を設定しております。


UA値とは外皮平均熱貫入率といい、

「どのくらい熱量が外に逃げやすいか」を

具体的に数値化したもので

数値が小さい程断熱性能は高くなります。


熱が逃げにくい家は「省エネ性も高い家」とされます。


HEAT20は G1・G2・G3の3つのグレードからなり

G1→G3になるにつれグレードは高くなります。



大阪はHEAT20の地域区分で6地域に当てはまり


G1グレードでUA値0.56、


G2グレードでUA値0.46、


G3グレードでUA値は0.26が水準となります。


現状、G1レベルを上回る断熱性能はかなり高断熱住宅と言われるので

高断熱性能を求めておうちを建てられる方は

このHEAT20の水準を基準にして考えると

満足の性能値のお家になるかと思います。



この考えの元、UNICO STYLEでは


Seguro-セグロ でUA値約0.5でG1レベル

Feliz-フェリス でUA値約0.46でG2レベル

とHEAT20をクリアした高い断熱性能を標準化してます。













断熱性能を高くすることにより

冷暖房効率もあがり

光熱費などのコストも軽減され

経済的にも健康的にも過ごす暮らしができます。


グレードに合わせた暮らしの体感もご案内が可能になりますので

是非気になる方はお問合せ下さい♪


Comments


bottom of page